港南希望教会の沿革

【新戸塚礼拝所の時代】

 

 

 

1980年

 

 5月18日

聖霊降臨日の前の聖日

 

13年間牧会した横浜指路教会を辞任し、4月よりフェリス女学院大学宗教主任に就任した小島一郎牧師、戸塚駅西側の小高い山上にある自宅で、「新戸塚礼拝所」として家庭礼拝を開始。出席16名。

 

 

 

【日限山伝道所の時代】

 

 

 

10月19日

礼拝場所を、好意により開放された港南区日限山のO氏夫妻宅に移転。

 

1981年

 

 2月28日

50回神奈川教区定期総会、日限山伝道所の開設を承認。

 

 4月 5日

教会学校開設。

 

 4月12日

日限山伝道所開設式を挙行。

 

 8月 2日

『日限山だより』(月刊)創刊。

 

1982年

 

 1月 3日

聖書全巻連続講解説教開始。第1回「天地創造」(創世記)

 

1983年

 

 5月 6日

牧師館が戸塚より港南区野庭に移転。

 

 5月18日

牧師館における第1回「祈祷面会日」開催。

 

1984年

 

 9月23日

臨時総会で、丸山台二丁目のワンルームマンション7.48坪)の購入、第二種教会(教会員20名以上40名以下)設立、教会名称変更、会堂建設第二次計画の推進を決議。

 

11月18日

牧師館が野庭から日限山三丁目に移転。

 

1985年

 

 1月 6

新教会名、「港南希望教会」に決定。

 

 3月16日

63回神奈川教区定期総会継続総会、港南希望教会の設立を承認。

 

 

 

【港南希望教会の時代-丸山台ワンルームマンション】

 

 

 

 4月28日

『日限山だより』第42号で終刊、名を改め『希望』第1号発行。

 

 5月12日

港南希望教会新会堂で礼拝開始。

 

 6月 9日

新会堂献堂礼拝。教会設立式・牧師任職式・献堂式。

 

1987年

 

 5月31日

聖書全巻連続講解説教完結。第240回「新しい世界」(ヨハネ黙示録)

 

1988年

 

 5月22日

会堂拡張 (14.8平米から19.2平米に) 工事完成。

 

1989年

 

 1月22日

臨時教会総会。小島牧師が4月より一年間のプリンストン大学/神学校での在外研究のため不在となるので、気仙三一教授(フェリス女学院大学)を牧師(代務者)、土肥聡神学生(東京神学大学大学院)を補助伝道者として招聘すること、また必要に応じて上泉浩牧師、ラッセル・ノーデン (Russell L. Norden) 宣教師に説教を依頼することなどを決議。

 

 3月 5日

土肥聡神学生、補助伝道者として奉仕開始。

 

 4月 2日

気仙三一教授を牧師(代務者)として迎える。

 

1990年

 

 3月18日

牧師歓送迎会。気仙教授・上泉牧師・土肥神学生夫妻の一年間にわたる港南希望教会への奉仕に感謝し、また、無事に帰国した小島牧師夫妻を迎える。土肥伝道師(教団教師試験に合格)326日、主任担任教師として室戸教会(高知県)に赴任。

 

 6月 3日

聖霊降臨日・教会創立10周年記念礼拝。

 

1991年

 

 3月24日

青年会、「グループ・カイロス」の名で発足。

 

 3月31日

10周年記念誌『港南希望教会一〇年の歩み』発行。(B5/103ページ)

 

 12月頃から

クリスマス礼拝では立錐の余地がないほど、会堂の狭さが痛感され、新会堂の建設の気運が高まり、会堂建設委員会が発足。

 

1992年

 

 8月 2日

全国募金パンフレット「会堂建築献金のお願い」作成、配布。全国の教会・教会員・教会関係者から多額の献金が集まることとなる。

 

 8月23日

臨時教会総会。現会堂の売却と新会堂用地 (日限山四丁目、54坪。)の取得購入を決議。28日に土地売買契約成立。

 

10月 2日

新会堂建設用地の草刈りと看板立て。

 

11月 1日

建設会社に会堂建築を発注。

 

12月 6日

会堂建設用地で定礎式。

 

12月10日

会堂建築着工。

 

1993年

 

 1月18日

新会堂上棟式。

 

 4月10日

新会堂が完成。旧会堂からの引っ越し。

 

 

 

【港南希望教会の時代】

 

 

 

 4月11日

イースターに、新会堂での最初の礼拝。

 

 6月27日

新会堂の献堂礼拝・献堂式・感謝会。

 

1994年

 

 4月

今年度より『新共同訳聖書』を用いる。

 

12月

聖歌隊発足。クリスマス礼拝で初の奉仕。

 

1995年

 

 6月 4日

聖霊降臨日に、教会創立15周年記念礼拝・祝会。

 

1996年

 

 3月

小島牧師、1996年度をもってフェリス女学院大学を定年退職。

 

1997年

 

 4月 6日

『讃美歌21』を用い始める。

 

1998年

 

 6月

『希望』誌、通巻100号に達する。

 

 この年度

現住陪餐会員が初めて50名を超え、宗教法人格の取得が具体的な課題として与えられる。

 

1999年

 

 6月 8日

宗教法人格の認証のための「港南希望教会規則(案)」を、神奈川県庁に提出、設立申請。

 

10月 3日

宗教法人港南希望教会設立総会を開催、法人の設立を決議。臨時教会総会を開催、教会墓地購入を決議。墓地献金開始を開始し、三浦霊園に着手金を支払う。

 

2000年

 

 5月 8日

法人登記完了。

 

 6月 4日

創立20周年記念事業ステンドグラス取り付け完成。

 

 6月 4日

宗教法人格を取得。

 

 6月11日

創立20周年記念礼拝(1)、祝会。

 

 6月18日

創立20周年記念礼拝(2)

 

 6月25日

創立20周年記念礼拝(3)。説教および記念講演:東京女子大学 船本弘毅学長。

 

11月18日

「教会墓地工事着工の祈り」(現地にて)

 

11月12日

『私たちの歩み 私たちへの恵み:港南希望教会の二〇年』
(日本基督教団港南希望教会20周年記念誌)発行。(B5/215ページ)

 

2001年

 

 5月13日

港南希望教会の公式ホームページ開設。

 

2002年

 

  6月23日

教会墓地、三浦霊園に完成。奉献礼拝を行う。

 

12月 8日

成人男性の会、「信友会」の名で発足。

 

2003年

 

 4月 8日

初めて教会員から献身者が起こされ、東京神学大学に編入学する。

 

 4月23日

「ギリシャ語で聖書を読む会」開始。

 

12月   

礼拝出席人数の増加に伴い、会堂内部の拡張改修工事が始まる(約80名着席可能)。

 

2004年

 

 2月21日

111回神奈川教区総会で、第一種教会建設を承認される。

 

 3月21日

第一種教会建設式(司式:岩崎隆神奈川教区総会議長)と感謝会、あわせて会堂改修工事完成の感謝会を執り行う。

 

2005年

 

 5月15日

創立25周年記念礼拝、祝会。説教および記念講演:東京神学大学 近藤勝彦教授。
小島一郎『み言葉に生きる:教会創立25周年記念説教集』(日本基督教団港南希望教会)発行(A6/272ページ)。



2008年


 312

伊藤家家庭集会最終回(5年開催)

 3月18

小島一郎牧師ご夫妻牧会・結婚50周年感謝会

 331

小島一郎牧師隠退

 4月06

鈴木義嗣牧師ご夫妻歓迎会

 608

鈴木義嗣牧師就任式

 907

会堂建築委員会設置 

12

教会債募集開始、

2009年
 
 7


「海老名教会、藤沢北教会の教会学校と合同で、スプリングハイクや
サマーキャンプを開始」


 8月02

オルガン奉献式 バイカウント社製JU90

2010年


 2月21

臨時総会にて、会堂建築計画を全会一致で可決
(隣地購入・会堂増築・牧師館リフォーム)

 6

全国の教会に教会堂増設・牧師館リフォーム献金のお願いを開始

 620

創立30周年記念礼拝説教 藤掛順一全国連合長老会議長

 9月 5日

会堂・牧師館建築起工式


【港南希望教会の時代-会堂増築後】



1219

完成した新会堂で始めてのクリスマス礼拝を守る

1229

新会堂・牧師館献堂式 
藤掛順一牧師祝辞 他神奈川連合長老会牧師・長老列席

2011年


 5月14

東日本大震災救援バザー

7月17-
            18

夏の集い 講演 神奈川連合長老会議長馬場康夫牧師

  12月 3日
 1220

東日本大震災チヤリティコンサート
「0さいからのチャペルコンサート開始」

2012年


 2月26

総会 神奈川連合長老会加盟全会一致で承認

 2月

神奈川連合長老会 港南希望教会の加盟全会一致で承認

 4月15日

按手礼式 全国連合長老会議長藤掛順一牧師祝辞
神奈川連合長老会牧師・長老24名による按手

 6月24日

講壇交換日礼拝 藤沢北教会 南沢望牧師 

2013年


 6月30日

講壇交換日礼拝 海老名教会 佐藤進牧師 

1020

特別伝道礼拝-ホスピスの現場から-衣笠病院医長伊藤義彦(当教会員)

12月22

ステンドグラス3枚目取付け

2014年


 3月30

上野俊一神学生壮行会 経堂北教会に赴任

 629

講壇交換日礼拝 横浜指路教会 藤掛順一牧師

 621

讃美の集い ソフィア・ハンドベルクワイヤ(ナザレン藤沢教会)共演

1130

特別伝道集会 東洋英和女学院院長深町正信先生



敬称・敬語表現は省略いたしました。また、教職者以外の個人名は、プライヴァシ保護上、記載しておりませんが、港南希望教会の発展の歴史には、教職者・教会員以外にも多くの方々からのお祈りをはじめ、有形無形のご援助がありましたことを、ここに記して感謝申し上げます。